メソセラピー(脂肪溶解注射)
ヨーロッパを中心に行われてきた注射療法で
ビタミンや植物エキスなどを直接患部に注射する治療法です。
今までは民間療法というイメージが強くありましたが近年、メソセラピーを行う医師が増えたことにより、今では医療における治療法の1つとして認識されています。
メソセラピーが医療における治療法の1つとして確立されたのには、メソセラピーの「脂肪溶解注射=リポディソルブダイエット」としての利用が注目されていることが背景にあります。
これは、痩せたい部分に薬液を注射することで、その部分の脂肪を溶解し
血管から腸管を通って体外に排出するという新しい治療法です。
メソセラピーは、大体一度に20センチ四方の範囲に脂肪を溶かす作用のある薬液を注射します。多少の腫れと内出血を伴い、融解した脂肪が吸収されるまでの期間も2週間から3週間かかりますが、部分的に脂肪を減らし痩せることが可能です。
メスを使わず、体を傷つけることもなく、当然ながら傷跡もほとんど残りません。
これらのことから、メソセラピーは女性を中心に幅広い層から人気を博しています。
スポンサードリンク
当サイトはメソセラピー(脂肪溶解注射・メソテラピー)の体験談や口コミ(クチコミ)などの情報をご紹介しています。
メソセラピーに関心のある方、施術を希望されている方の参考になれば幸いです。

更新日 2017年 7月 25日(Tue)