美しく豊かなバストは、男性だけでなく女性にとっても憧れです。
当サイトでは、豊胸術バストアップに関する口コミ体験談を集めました。
ぜひ、参考にしてくださいね。

豊胸手術とは
豊胸手術にはいくつかの方法があります。現在、主流になっているのは生理食塩水バッグやシリコンバッグなどの人工物を入れる方法です。豊胸手術は、人工物(インプラントとも呼ぶ)をワキや乳房の下を切開して胸に挿入します。傷痕が目立ちにくい場所にするのが一番の狙いです。ワキの下の場合は、大胸筋の下に入れやすいというメリットがありますが、ノースリーブなどを着たときに見えてしまうというデメリットがあります。乳房の下は切開する大きさが小さくて済むというメリットがあり、実際には隠れて目立ちにくいですが、やはり人によっては気になる場所でしょう。

−豊胸手術の注意点−
豊胸手術の歴史は「合併症や副作用との戦い」といっても過言ではありません。
豊胸手術に共通する問題点、注意点・・・左右の大きさ、形などの整形、人工物を体内に入れることによる組織の硬直化や拘縮、手術痕(切開線)が残る、授乳障害が起こる可能性、感染症に対する注意など。
−豊胸術 脂肪注入法−
サイズダウンしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することで理想のプロポーションを実現するのが、脂肪注入法です。バストサイズを飛躍的に大きくすることは難しいですが、例えばウエストをサイズダウンさせたい、太ももやヒップを同時にすっきりさせたいとお考えの方には最適な手術です。また、どうしても人工乳腺(バッグ)に抵抗を感じている方にもおすすめです。
−豊胸術 人工乳腺法−
人工乳腺法とは、インプラント(バッグ)を挿入する方法です。メリットとしては、ナチュラルな形、触り心地、バランスの良い大きさなどが上げられます。
2017年 6月 25日(Sun)更新しました。